任意売却とは

任意売却とは、住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を債権者の合意を得て売却することです。

住宅ローン等の借入金が返済できなくなった場合、売却後も住宅ローンが残ってしまう不動産を債権者の合意を得て売却する事です。

住宅ローンの滞納が続くと、ローンを分割で返済する権利が失われてしまい、お金を貸した金融機関は残っているローン全額を一括で返済することを請求してきます。

任意売却は裁判所が強制的に行う競売と比べて、メリットが多いといわれています。ローンの返済でお困りの際はまずはご相談ください。

住宅ローンが払えないとどうなるの?

退職、減給、病気、ケガ、離婚、ギャンブル・・・いろいろな理由で住宅ローンが払えなくなったというご相談をいただきます。

交通事故、逮捕など予期せぬ理由で住宅ローンが払えなくなる場合もあります。

このページでは住宅ローンが払えなくなったらどうなるのか、を説明します。下の表は住宅ローンが払えなくなってから、起こる出来事です。

ざっくりと、あなたの身に降りかかることを中心にまとめました。

1.住宅ローンの返済が滞る

病気、ケガ、交通事故、倒産、リストラ、事業の失敗、離婚、ギャンブル、浪費など、人により様々な原因で住宅ローンの滞納が始まります。

2.催告書・督促状が届き始める (約1か月)

金融機関がらの電話や、住宅ローンお支払のお願いといった通知が届き、住宅ローンの滞納が2ヶ月以上になると、来店依頼状や、督促状が送られてきます。

3.個人信用情報へ事故記録掲載 (約3か月)

催告書や、督促状が来ても住宅ローンを支払わないでいると、通常は3ヶ月程度で個人信用情報機関に金融事故の情報が記録されます。

4.ローンの一括支払いを請求される (約6か月)

期限の利益の喪失という通知が届きます。決められた期日に決められた金額を支払えば、借入金を分割して支払うことが出来る期限の利益を喪失しました。

5.保証会社が代わりにローンの返済をする (約7か月)

保証会社から「代位弁済通知書」が届きます。代位弁済とは、あなたに代わり、保証会社が一括で返済することです。

6.保証会社から競売を申し立てられる (約9か月)

担保不動産競売開始決定通知が届きます。保証会社が借金を現金で回収するために裁判所に競売を申し立て、裁判所がそれを受理したことを知らせる書類です。

7.裁判所から現地調査をされる (約10~11か月)

法律に基づく強制的なもので、鍵を開ける等の協力がない場合は、裁判所の権限で鍵を開けられ、自宅に入って写真撮影などの調査が行われます。

8.競売入札開始の連絡が届く (約13~16か月)

競売の期間入札通知書が届きます。競売になる物件の入札の開始から入札の終了までの期間と入札の開札日が記載された、裁判所から送られてくる書類です。

9.競売が完了

期日に開札を行い最も高い金額で入札した最高価買受申出人を決定し、裁判所から売却決定の通知が出されます。

10.強制立ち退き

つまり、家から立ち退きをしないといけません。応じない場合には、強制執行手続きを申立てられ、執行官が、来て追い出されてしまいます。

以上が住宅ローンが払えなくなったら起こることです。


強制的に追い出されないためには何ができるの?

住宅ローンが払えなくなったら、最終的には家を出なくてはならなくなります。都合に関係なく強制的に家を追い出されてしまう可能性もあるのです。

住宅ローンが払えなくなったらもうこの流れ通りに進まなければならないかと言いますとそういうわけではありません。

「任意売却」という方法があります。不動産を売却しても債務(借金)が残ってしまう場合に、不動産の売却価格以上の返済をせずに、抵当権の抹消(お金を貸した金融機関等がその不動産に対して有する権利を外すこと)が行える売却方法です。

↓